6月16日は相武台地区自治会連合会の研修で羽田に行ってきました。今回は町内会が幹事という事で私と加藤君がその任をおおせつかりました。ようは、にぎやかしですね。ビール、おつまみなどを用意しました。

外の移動は少なかったので天気の影響はありませんでした。9時過ぎに相武台を出発して、相武台の行事ビデオを見て、10時過ぎには羽田に到着しました。昼食まで時間があるのでT1の6階にある展望台にいきました。滑走路には到着便ばかりでした。「新大和」で昼食をいただきました。私は出張などで羽田はよく利用するのですが、北ウイング、南ウイングの間にあるお土産屋さんはほとんど利用したことがなく新鮮でした。弁当スタイルで肉の炒め物、刺身などが盛りつけられおりご飯もおいしくいただきました。

昼食の後、新整備場へモノレールで移動で移動し、JALの飛行機整備場を見学しました。人気の見学コースでなかなか予約が取れないそうです。30分ほど羽田空港や機体の勉強をしたのち、ミュージアムなどを見学しました。天皇陛下が移動に使われる期待に取り付けられる玉座も見ることができました。JALも一時は経営危機に陥りましたが、よくぞここまで回復したという感じですね。

整備工場は広いですね。支える柱がないです。なんちゃら工法で躯体は作られているそうです。第一工場は2機の整備がおこなわれいました。2か月に1度の点検と1.5年に一度のオーバーホールがあるようです。第二工場には政府専用機が駐機しており、ドイツから安倍さんを載せて帰った機体の整備が行われていました。しかし、ジャンボはでかい。専用機はぴかぴか!!

滑走路から飛び上がる飛行機も見る事が出来ました。ついでに整備場のドアーが閉まるのも見る事ができました。

羽田でお土産を買い、帰路につきました。岐路ではまちセンの方のマジックやら幹事が用意したマジックなどで盛り上がりました。事故もなく、時間通りに進みよかったかと思っています。

IMG_0075

IMG_0060