今年も例年通り、相武台団地の盆踊り大会が18日、19日に開催されました。18日は天気が心配されましたが、盆踊りが始まるころには虹もでて、涼しい盆踊りになりました。模擬店も野球チームや商店街、社会福祉協議会、青陵高校、資源を考える会などの沢山のお店が軒をならべました。舞台では、キッズダンス、沖縄のエイサーなどの踊りが披露され、沢山の拍手をもらっていました。

団地では、ゴミステーションを設けて、すべてのゴミを集中管理する方式をとっています。ユニークな取り組みです。また、今年は道路も一般車の通行を制限して安全面の配慮が行われていました。

6時から盆踊りが開始され、小さな子供から高齢の方まで踊りの輪ができていました。太鼓は9時近くまで、音が鳴り響いていました。関係者の皆さんお疲れ様でした。

27日は相武台前納涼盆踊り、8月1日から2日にかけてはグリーンパークの夏祭り、盆踊りが開催されます。みなさんご参加ください。