※愛称選考の結果については、16日のまちづくり会議での承認のち区と市に通達し
4月1日に公式発表となりますのでこのレポートでの公表はできません。

★3月5日(土)相武台公民館大会議室にて

IMG_1406
会場準備をしながら進行について最終確認

14時 会議開始
IMG_1418
参加者は各施設・地区からの代表者

チーム愛称・公民館・まちづくりセンター・こどもセンター・看護専門学校・高齢者支援センター・まちづくり会議・女子美術大学・相武台中学校代表・若草中学校代表
以上から22名
IMG_1410 IMG_1411

IMG_1412 IMG_1413

公民館館長から「現在公民館に飾られている大凧が、残念ながらスペースの関係上新しいセンターには持って行かれません。この大凧の少し小さめのものを依頼していますので、今回決まった愛称をその凧に書き込んで展示する予定です」

応募総数は418件、チーム愛称がその中から「すでに使われている有名な施設名」「著作権等にかかってしまうもの」「地名・企業名・人名・キャラクター名」などの使用できないものを除き、23件が選考委員会に提示されました。

まず、それぞれの命名理由や想いを読み上げていきます。
英語ではなく、イタリアやスペインなどの多国籍な言葉が自然に使われている事と上手な略語の多さに、一昔前とは時代が変わったんだなぁと感じました。

選考方法は、参加者全員がこれ!と思った3つを選んで無記名投票。
投票数の多かったものを残してさらに協議が続きます。
IMG_1423修正

あがった意見として
「愛称なのに長すぎるとそれにまた愛称ができてしまう」
「相武台って入っていないと何を指すのかわかりにくくないか」
「文字なら意味がわかるけど、聞いたり口で言うと分からなかったり違う意味になってしまいそうなものはちょっとどうかな」
「語呂が良くて口にしやすいものなら、自然に馴染んでいくのではないか」等々

意見がおおよそまとまったところで、全員でふたたび無記名決戦投票。

最優秀1点・優秀2点・入賞若干がここに決定しました!

傍聴、取材者としては意外な結果に驚いています。
結果発表を楽しみにお待ち下さい♪