11月19日、今年春先から取り組んできたもち米作りによって収穫されたもち米から餅をつきました。250Kを超える収穫があったとのことです。餡、きなこ、からみの餅をいただきました。とても美味しかったです。今年限りのプロジェクトだったようですが、いろいろ経験になったとのことです。宮永自治会長の話では米はプロにまかせたほうがいいとのことでした。12月3日には町内会館でも餅つきがあります。みなさん、お誘い合わせの上、おいでください。