2月4日(土)午前10時30分-11時30分、
相武台地区防災計画に基づいて、災害時の状況報告、連絡・調整を円滑に行う事を狙いとして、現地対策班と地区自主防災拠点6ヶ所、および現地対策班と避難所(小中学校4か所)との通信確認と使用方法の習熟のための防災通信訓練を実施しました。参加者24名。
そのあと、正午から午後1時まで、
反省会を開催しました。
前回(昨年)の訓練から現地対策班の場所が変更されたことによって、通信の不具合が発生し、対応策が至急検討されることになりました。
また人的なエラーもあって、日ごろの訓練と備えが大切だと実感しました。

(上左)現地対策班、(上右)反省会会場 (下)反省会の様子