2月17日(金)公民館視察研修

憲政記念館~貨幣博物館~皇居前広場(昼食)~迎賓館をまわってきました

◆憲政記念館
相模原ゆかりの尾崎行雄(咢堂)氏の足跡と日本の政治の歴史を辿る

学校で習う近現代史は、幕末の新撰組やペリー来航で条約がうんたら程度
実際に何がどう動いていたのか、ここまで記録が残っていて面白いとは思っていなかったです
参加者から「一日じっくり見て回りたい」という声が多数ありました

◆貨幣博物館
日本と世界の貨幣の歴史

江戸時代の1両は現代のおいくら万円になるのか、正確には試算できないそうです
江戸だけで物の価値がそれだけ変動しすぎているということで、バブル時代と現在ぐらい違うと考えればわかりやすい

◆楠公レストハウス

こちらのレストハウスには展示スペースがあり、皇居外苑の見どころやお堀のお魚の水槽なども展示されています

◆迎賓館
 
やんごとなき方々のための建物
内装や備品のほぼ全てが国宝級のため、絶対触ってはダメ!カバン・バッグでこすらないで!と常に目が光っていました


本物の一流っていうのはこういうものなのかと目の保養になりました