カナロコwebの記事より抜粋
**********
相模原市内で昭和20年代、盛んに栽培されたゴボウをPRするために作られた「麻溝ごぼう音頭」。
レコードは当時の生産をリードし、麻溝園芸農業協同組合長を務めた故座間博さんが1951~52年ごろに自費で作製したものですが、音頭の踊りの復活などに取り組む「麻溝ごぼう音頭保存会」(熊沢八千代会長)が曲の正確な音程や歌詞を知ろうと、当時のものを探しています。

「麻溝ごぼう音頭」は、座間さんらの呼び掛けから作られたらしい。
地元で教員を務めていた植村栄輔さんが作詞を担当。作曲家石井歓さんが曲を付け、石井さんの父で舞踊家の石井漠さんが振りを付けた。
**********
レコードをお持ちの方、譜面等の手掛かりをお持ちの方は同会の田口孝平さん(連絡先はカナロコで確認を)までお願いいたします。