〆は相武台団地のどんと焼き

風もなく暖かな日和、団地と新磯野南の共催による祭りです。火床は着火前に関係者による神事を行い 祝詞奏上によるお祓いをしました。ご神火のトーチランナーによる火移し儀を行いスタートし、石坂会長の挨拶と締めは荻原会長の挨拶で3時間の火祭りを終えました。800名の来場者に用意した焼き餅と焼きマシュマロは300本早々になくなってしまいました。今回自治パス提示の方にも別に粗品を用意したところ約150名の方々が持参されました。自治パス提示でもらえる粗品100個もあっというまになりました。自治パスの存在を知らない人もいて課題がみえました。能登地震への義援金をお願いしたところ62,285円あつまりました。なかでも、初打ち太鼓とマシュマロが好評でした。

相武台、今年も頑張るぞーー

  

次の記事

お話会