「祝令和 てるて姫」

カナロコ記事より
※一部抜粋 本文は記事をお読みください
———-
「照手姫」の名を冠した純米吟醸酒「祝令和 てるて姫」の販売が市内で始まりました。
企画・販売は、市内の酒販店主でつくる「相照会」(田所秀一郎代表)。
醸造は緑区の久保田酒造さんに依頼、ラベルには市内の高校教諭だった歌人俵万智さんの短歌が。
「冷やでもお燗(かん)でも楽しめる。幅広い世代に飲んでほしい」 とのこと。
中央区の酒販売店ナカヤさんにて、1・8リットル入りが3千円(税別)720ミリリットル入りが1500円(同)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です